マイカーローン金利は買い替えの際にも気にしたい

メニュー

サブメニュー

クレジットとの違いを理解

車を購入するときに支払いの方法は主に3種類あります。貯金などで全額現金で支払う方法、自動車販売会社が提携している信販会社でローンを組む方法、そしてもう一つが銀行やJA、労金などの金融っ間が用意しているマイカーローンを利用する方法です。

 

現金で支払う場合は特に何も問題は有りませんが、信販会社のクレジットを利用するのと、金融会社のマーカーローンを利用するのでは若干の違いがあります。

 

自動車会社が提携しているクレジットを利用する場合は、車の購入と並行して手続きが出来る為、便利であるとともに手続きが簡単というメリットがあります。しかしこれは支払いが終わるまで車の名義が信販会社であったり、分割払いの金利が高いというデメリットもあるのです。

 

その点マイカーローンを利用した場合は、自分で金融会社からお金を借りて支払う為に、その時点で車は自分の名義になります。支払途中での買い替えなどを検討する際の面倒がないのがメリットです。金利に関してもクレジットよりも格段に安く借りることが出来る為、支払総額に大きな違いが発生するのです。

 

一昔前は自動車会社でローンを組むのが主流でしたが、現在ではマイカーローンを利用する人の方が増えているのです。

 

ローンで新車を買う場合には

マイカーローンは車の買い替えにも便利ですが、新車を買うとなると今までの車を下取りに出す必要があります。下取りはそのままディーラーで行ってもらえますが、値段の交渉をするためには車の相場を知る必要があります。

 

相場は無料で簡単に分かるサービスがあり、人気のヴィッツの相場例であればヴィッツ査定で買取額の無料査定サービスの詳細が分かります。他の車種についても同様ですので、一通り見ておき、参考にしておくと良いでしょう。