マイカーローン金利は買い替えの際にも気にしたい

メニュー

サブメニュー

ローンの金利は交渉次第

ディーラーが提供するマイカーローンを使って車を購入するとしましょう。誰しも、マイカーローンの総額は少ない方が嬉しいはずです。何とかして車の金額を下げてもらえないか交渉したり、条件を満たす車で安い車は無いか探したりするでしょう。しかし、ディーラーも商売としてやっていますから、値下げには限界があります。

 

そんなときはマイカーローンの金利を下げてもらえないか交渉してみましょう。金利というのはユーザーが思う以上に交渉の余地があるものです。例えば、同じメーカーの車だったとしても、それを販売するディーラーの系列が違えば金利は違います。同じ系列のディーラーだったとしても、店によって金利が違うことだってあります。

 

もちろん、金利の交渉をしても一気に5%とか下がったりするわけではありません。1%や2%下がるといった程度でしょう。しかし、わずか2%の金利低下でも、数百万円の車を5年ローンで買うとなれば、最終的に利息が10万円以上も違ってきます。実質10万円の値引きと考えればどれほど価値が高いか分かるでしょう。

 

ただ、下げられる金利にも限界はありますし、あまりしつこく金利交渉をしても店員を困らせてしまいます。車を購入するときに店員と仲良くする方が何かとプラスになりますから、交渉はほどほどにしましょう。

 

ローン自体ももちろんですが、車両本体の値引きに関しても交渉次第です。特に下取り車がある場合には値引きの交渉もスムーズに進みますので、下取りに出す前に相場を一括買取比較で見ておくと良いです。特に人気車種となるマツダのデミオの場合には、買取額が高くなりがち、つまり下取り額も交渉がしやすいので、無料で行える一括査定のデミオ一括買取査定でしっかりと確認をしておきましょう。